ギャバ

ギャバに関するサイト内の検索はコチラから

ギャバの効能を上手にとるための食品

ギャバを含む食品には幅広い効能が期待されています。

 

その主な効能には動脈硬化の抑制精神的安定(イライラ感・不眠改善など)です。

 

最近ではアルツハイマー病の改善の期待もされていて、近年ではギャバの注目が高まってきています。

 

そのためギャバを豊富に含んだ食品も同じように注目されています。

 

メザシやししゃも、ちりめんジャコなどの小魚

 

これらは丸ごと頭から食べることで、魚の脳に多く含まれているギャバを摂取することができます。

 

緑茶に含まれているギャバ

 

お茶の中の成分、アミノ酸やカテキンが、体内でグルタミンからギャバへと変化したものです。

 

発芽野菜や熟したトマトにもギャバは豊富に含まれている

 

漬物や納豆などの発酵食品にも、ギャバは含有しています。

 

ギャバを含む食品は多数あります!

 

その中でも発芽玄米は、

 

ギャバの含有量が白米、玄米に比べても格段に多く含まれていて、

 

 

味や食感も白米と違いなくおいしく食べれると注目されています

 

発芽玄米なら、毎食飽きることなく、意識することなく、効率的に摂取できるので、

 

食品でギャバを摂取したい方には、おすすめの一品ではないでしょうか?

 

ギャバの基本情報

 

英語でGamma-Amino Butyric Acidの頭文字を取り、それを省略してGABA(ギャバ)と一般的には呼ばれています。

 

ギャバとは

 

天然アミノ酸の一種で、植物や動物など私達の体内にも広く存在しています。

 

アミノ酸はタンパク質を構成する物質が有名ですが、ギャバは他のアミノ酸とは異なり、

 

主に抑制系の神経伝達物質として脳や脊髄で活発に働いていて、

 

脳細胞の代謝機能を高めたり、酸素の供給量を増加させます。

 

この効果は、興奮を鎮めたりリラックスをもたらす役割を果たしています。

 

このため脳内のギャバが不足するとイライラしたり、集中力に欠けたり多くのストレスをもたらします。

 

近年ではベストコンディションを求めるプロスポーツ選手などのストレス対策として使用されていると言われています。

 

他にも血圧を下げる効果、中性脂肪を抑える効果、肝臓・腎臓の働きを高める効果など、

 

いろいろな効能が期待されていて、その幅の広く、多彩な事には皆さんも驚くことでしょう。